supported by
伊藤ハム
「こうべ森の学校」には、伊藤ハム株式会社が、自然環境保護の活動の一環として支援し参加しています。

これまでの活動(もりがくの歩み)


昨年度の活動 もりがくの歩み
 

 【活動報告】

■平成15年度

●7月 森に関心ある市民に呼びかけて、専門家の指導のもと
           森の手入れ活動を試行的に開始(再度山にて)
●伊藤ハム株式会社の協賛決定
●11月3日 「こうべ森の学校」発足式
                 (神戸市立森林植物園にて)
●市民演習林にて森の手入れ活動を本格的に開始

 

■平成16年度

●6月 神戸大学「再度山永久植生保存地」と連携
           調査地整備に協力
●12月 市民活動拠点となるログハウス建設開始
           (以降「森の匠」として活動

 

 

■平成17年度

●4月 活動情報誌「森の学校だより」創刊
           以後2ヶ月に1回ペースで発行を続けている

●4月 有志により、ウィークデー森の手入れ活動開始

●10月 神戸市役所市民ギャラリー
           「森をそだて森にあそぶ」に出展

●ログハウスの建設が本格化

 

■平成18年度

●11月23日 「こうべ森の文化祭in再度公園」開催
                     ログハウスを「再度風楽山荘」と命名

●12月 ログハウス上棟式
●森の手入れ活動「安全マニュアル」を作成
●ログハウスの建設大詰め

 

■平成19年度

●4月 ログハウス「再度風楽山荘」完成。完成記念式典を開催
●8月 「再度 風楽山荘」にて、第1回「森の音楽会」を開催
●11月 掬星台にて「こうべ森の文化祭in摩耶山」に参加
 
 

 

■平成20年度

●5月 炭焼き窯完成。初めての火入れ
●10月 活動5周年記念講演会
●11月 「こうべ森の文化祭in再度公園」開催
●3月 苗圃の温室が完成
 

■平成21年度

●5月~3月 明石高専生実習、インスタレーション作品発表
●11月~3月 散策道の整備(延べ約2km)
●1月~2月 樹名札取付け(31科82種に130枚)

■平成22年度

●5月 「東お多福山ススキ草原再生活動」へ初参加
●6月 木工工作作業場完成、市民参加の木工教室開催
●3月 宮城県在の伊藤ハム(株)工場の暖房用に「再度炭」贈呈

■平成23年度

●9月 矢田市長、再度の森視察とログで会員と懇談
●2月 「こうべ森の学校」開学来、参加者1万名超記念の例会

■平成24年度

●4月 森林植物園」にて出張森の手入れの試みか開催
●5月 安全マニュアル(基本編)編纂作業
●1月 東日本大震災被災地で寄付金・木工作品を贈呈
●2月~3月 東北被災地へ寄贈のスギ間伐材のベンチ作成

■平成25年度

●4月 活動10周年記念行事
●5月 活動10周年記念講演会
●6月 第25回森林レクリエーション地域美化活動コンクールで会長賞を受賞
●10月 神戸市と伊藤ハム㈱が包括連携協定を締結、社長がログハウスを訪問
●11月 高橋 敬三 文庫がオープン

■平成26年度

●10月 役員候補推薦投票実施(H27‘~)
●2月 学校の重要な意思決定をはかる場として、年1回のスタッフ総会を開始
●3月 パソコン(ネット接続)・視聴覚機器の導入

■平成27年度

●4月 森守ボランティア団体に登録
●4月 月例会班編成基準の制定
●6月 ヒヤリ・ハット事例の募集を開始
●8月より森の保全研修(中・上級)を開始

■平成28年度

●10月 全国育樹活動コンクールで「農林水産大臣賞」受賞
●11月 第14回森の音楽会開催(最終)
●12月 森林保全活動に対し「兵庫県くすのき賞」受賞
●12月 宮城県海岸防災林保全活動団体に、6回目(最終)の支援金贈呈