supported by
伊藤ハム
「こうべ森の学校」には、伊藤ハム株式会社が、自然環境保護の活動の一環として支援し参加しています。

こうべ森の学校とは?


 
こうべ森の学校は、六甲山緑化発祥の地「再度山(ふたたびさん)」で、市民・企業・行政の協働により、美しく豊かな六甲山の森を育て、未来へ引き継いでいく活動を行っています。
森の手入れを実践しながら森を育てる技能を磨き、みどりを守るとともに、森の恵みを活用しています。
詳しくはこちらをクリック↓↓

 

■活動内容
 
●樹木の除伐 ●下草刈り   ●自然観察 ●樹名板つけ
 
●散策路の整備

●下枝切り

  ●安全学習(講座) ●安全学習(実践)
 
 
●苗木の育成 ●植樹   ●木工、クラフト ●炭焼き
 
 
●森のお料理 ●森の音楽会   ●「森の学校だより」の編集 ●イベントへの参加
 
現在こうべ森の学校では、スギやヒノキの人工林を混交林に導くための森の手入れ<保全>活動と、苗木育成・植樹<育成>活動を中心に行っています。森の手入れ班をはじめ、自然観察班、木工班の3つのグループに分かれ、それぞれが興味のある活動に取り組んでいます。